福岡から日本全国へ ISO・コンサルティング、経営指導、内部監査指導

お電話でのお問合せは 092-433-6154


セミナーの案内

食品安全ハザード分析研修(ISO 22000・FSSC 22000・HACCP) 


食の安全を守るための前段階として、ISO 22000、FSSC 22000、HACCPでは、以下のような『ハザード分析』を行います。

HACCP ISO 22000 & FSSC 22000 
日常的な
管理
PP(一般衛生管理プログラム)
 日常的な衛生管理を行う。

→項目についての決まりは特にない
PRP(前提条件プログラム)
 日常的な衛生管理を行う。 

→項目が明確になっている
- オペレーションPRP(OPRP)
 通常のPRPよりも少し厳しく管理する。
 (モニタリングが必須)
重点的な
管理
CCP(重要管理を行うポイント
 著しい危害が発生するポイントを集中してしっかりと管理する。
例)金属異物が混入しそうなポイント、殺菌不良が発生しそうなポイントなど

しかし、
 『どこまで、どんな基準で行えばいいのかが、わかりにくい』
 『想定されるハザードが多すぎて分析が大変』

など、最も悩むポイントでもあります。

ハザード分析によって、食品安全のためのシステムづくりは大きく変わります。

本研修では、食品安全の要となる『ハザード分析』を確実に行える方法を学んでいただきます。

●講義の進め方

研修を受けて納得しても、自社に持ち帰ったとき、何をすればよいのかわからなくなる――
そんな声を反映し、今回は受講者の皆さまの『考える力』を養うことを主眼に置いた研修を行います(加速学習)。
実際の現場でどのように食品安全ハザードについて考え、分析、評価を行っていくのかについて、ワークショップを中心とした講義を行うことによって、確実に身に着けていただきます。

『加速学習』とは、単に講師が一方的に講義を進めるだけでなく、受講生の皆さまが『話す・作業する』といった行動により講義に参加することで、講義内容をより深く身につけていただけるための手法です。講義内容が『加速』されて理解できることから、このように呼ばれています。

このような方にお勧めします
  • 食品関連企業で、食品安全のためのシステムを強化したいとお考えのご担当者さま
  • ISO 22000、FSSC 22000、HACCPの構築を検討している。あるいは構築したが、運用がうまくいっていないとお悩みの食品会社のご担当者さま
  • 対米輸出を視野に入れたハザード分析手法を知りたいとお考えのご担当者様

食品安全ハザード分析研修(ISO 22000・FSSC 22000・HACCP)
開催日 2018年2月9日(金)  9:30〜16:30(開場 9:10)
場 所 オヌキ博多駅前ビル 会議室
〒812-0011 福岡市博多区博多駅前3-6-12
 ※有限会社アイムス事務所ビルの地下
費 用 8,000円(お一人様:税込み)
プログラム ・ハザード分析の準備段階(危害分析を実施する前に作成すべき資料について)
・危害分析の考え方について (演習:ハザードの抽出・評価)
・管理手段の選択方法、HACCPプランの考え方について(演習:HACCPプランの選び方)
講師 三村 聡


講師 三村 聡(アイムス 代表コンサルタント)
こんにちは。本研修を担当させていただく三村聡です。
HACCPの義務化、ISO 22000の改訂等、2018年は組織にとって様々なことへの対応が迫られています。
食品安全対策として何をすべきなのか、微妙な判断を行わなくてはならない場面も多々あるでしょう。
ハザード分析を効率よく行うための力量を、ぜひ本研修で身につけてください。

略歴:
1999年、福岡市にてISOコンサルタンティング会社「アイムス」設立。
ISO9001、ISO14001、ISO22000をはじめ、各種マネジメントシステムのコンサルティングに従事する。専門は農業・食品分野。1969年生まれ、九州大学大学院農学研究科修了。著書
8ステップで効率的に進めるISO22000構築・運用マニュアル (日刊工業新聞社)

マネジメントシステムの原理原則〜品質マネジメント8原則で経営力を高めよう(日科技連出版社)

研修のお申込について

研修へのご参加申込みは、以下のフォームまたはFAX用フォームご記入の上、お送りください。
研修に関するお問合せは、フォームの他に、メール、FAX、お電話でも受付けております。

メールでのお問合せは
   info@aims.co.jp

電話またはFAXでのお問合せは
   TEL:092-433-6154    FAX:092-433-6155
    ※原則として、電話は月〜金 9:00〜17:00の受付になります。
    不在の場合、ご連絡先を留守電に入れていただけると、折り返しご連絡差し上げます。

研修お申込・お問合せフォーム
ご住所
会社名
部署・役職
お申込者のご氏名
メールアドレス※必須
メールアドレス (再度入力)※必須
TEL
FAX
(メールを送信しても、セキュリティの関係で戻ってきてしまうことがあります。その際、FAXまたはお電話で確認させていただくことがあるためにご記入をお願いします)
ご参加者名
※上記の『お申込者のご氏名』に記入していただいた方と違う方が受講される場合、複数でお申込みされる場合は、『ご参加者名』及び『受講者数(合計)』をご記入下さい。
ご意見・ご要望

控えを送る(送信元へ写しを送信)

※お客様から頂いた個人(会社)情報は、お見積、ご相談、その他連絡業務に用います。
他の用途に使用したり、外部に流出することはございません。