福岡から日本全国へ ISO・コンサルティング、経営指導、内部監査指導

お電話でのお問合せは 092-433-6154


ホームQ & A

ISOの内部監査とは?


監査には以下の3つがあります

◆第一者監査(内部監査)

  組織自身(自社の社員)または代理人(コンサルなど)が行う監査。
  一般的に組織が『内部監査員』を任命して行う。

◆第二者監査(外部監査)
  顧客など、その組織に利害関係のある団体またはその代理人により行われる監査。

◆第三者監査(外部監査)
  外部の独立した組織(ISO審査会社)が行う。いわゆる『審査』のこと。


内部監査でチェックするポイント

1) ISOの規格要求事項に適合しているか

 組織が構築したISOマニュアルは、ISOの要求事項に沿ってつくられているかをチェックします。


2) 組織のマニュアルが運用されているか

 つくったマニュアルどおりに行われているかをチェックします。


ここまでは外部審査と一緒で、ISO19011に基づき、審査員と同じ視点で内部監査を行います。
つまり、『適合性(ISO要求事項およびマニュアルどおり運用されているか)』をチェック)し、審査前の「模擬監査」的な監査を行います。

しかし、内部監査でチェックするのは『適合性』だけではありません。


内部監査だけがチェックする点とは?

3) マネジメントシステムは効果的に実施され、維持されているか

内部監査では、ISOに沿ったマニュアルが作られ、マニュアルをきちんと実施しているかだけを見るのではなく、

『そのマニュアルが、使いやすいものになっているか』
『ちゃんと成果が出るものになっているか』

もチェックします。

ISOシステムは効果があるか、つまり『有効性』を監査するのが、内部監査の役割です。

単に「よい」「悪い」だけでなく、「ルールは本当に役立つものか」「ほかに方法はないか」とマニュアルそのものを審査し、「どこに問題があるのか」「誰に責任があるのか」「その問題点を解決するには何をすればよいのか」という具体的な答えまで引き出します。



 Q&A目次 ISOの構築に関するQ&Aはこちらへ


参考

 ―内部監査支援プログラム

 ―内部監査員養成講座

 ―内部監査チェックリストの作り方



 内部監査技法セミナー開催のお知らせ

 ・内部監査のご経験のない方で、今後、内部監査員として活動を行う予定の方
 ・現在、社内の内部監査員で、監査スキルの向上をお考えの方

 ロールプレイで内部監査のコツを身につけよう!
 
 「内部監査で質問すること、チェックリストの作り方、質問の仕方…実はよくわかりません。」
 そんな方におすすめの内部監査技法セミナー。
 ロールプレイ形式なので、実際の内部監査を『体感』できます!

  詳細はこちら

ISOを構築するには?


ISOはどのように運用すれば効果的か―
その答えは、全てのISO規格の土台となっている『品質マネジメント8原則』にあります。

上記の内容は、8原則に基づいて書かれています。
8原則とは? 8原則はISOにどう組み込む?
それを解説し、豊富な事例とともにまとめた本ができました。

 マネジメントシステムの原理原則〜品質マネジメント8原則で経営力を高めよう
 著:三村聡(アイムス代表コンサルタント)著 発行:日科技連出版社


ISO9001が基礎からわかる
      
  『ISO9001構築のポイント』


 マンガ(?)で
 学ぶISO。
 アイムスの
 Facebookページ
アイムスFacebookページ 「いいね!」で情報GET!