福岡から日本全国へ ISO・コンサルティング、経営指導、内部監査指導

お電話でのお問合せは 092-433-6154


ホームISOの基礎知識ISOとはISO9001

ISO9001(品質マネジメントシステム)とは

ISO9001とは

ISO9001とは品質マネジメントシステム(Quality Management System)のことです。

『ISO9001 品質マネジメントシステム』は、『品質』という言葉から、『高品質なものを製造する』というイメージが持たれたり、『品質管理』のことだと思われることもあります。

実際、新聞で、『ISO 9001とは優れた製品やサービスなどを提供している企業や工場に与えられるもの』という文章を見かけることもあります。

しかし、品質を管理し、不備や故障のない製品を提供するのは、企業として当然のことです。『うちの製品は不良品ではありません』とわざわざ宣伝する必要はないはずです。

ISO9001の目的は、単に『良い製品を作ること』だけではなく、『よい製品(サービス)を作る(提供する)ためのシステムを管理すること』です。

『よい製品・サービス』とは、『顧客の要求する製品、サービス』のこと。

よい製品やサービスを提供することで、『お客さんに満足してもらうこと【顧客満足】』を目指します。



ISO9001のシステムとは?

ISO9001では、『よい製品、サービスを提供する』ために、製品・サービスの『結果』ではなく、提供されるまでの『プロセス(過程)』を重視しています。

顧客の
ニーズ
 工程 工程  工程  工程   →  顧客満足
   製品
プロセスアプローチ
顧客満足を阻害する原因には何があるか
どんなトラブルが起こるか
どこに問題があるのか
 →
ニーズを満たせない製品にならないよう、プロセスを監視する

  • ISO9001は『モノ』ではなく『プロセス』に対する規格
  • 『プロセスが明確になっている』『プロセス通り業務が行われている』ことが重要。
  • その結果が『顧客満足』に繋がるというのがISO9001の考え方。


ISO9001をとれば、不良品の発生は0になる?

ISOを取得していることと、不良品が発生するかどうかは関係ありません。製品回収が多い会社でもISOは取れます。

そもそも、『不良品の発生率』だけで判断するのは正しいといえません。業種や取扱製品などによって、不良品の発生率は異なるからです。

ISOが目指しているのは、不良品を0にすることではなく、『不良品を0に近づけるための仕組みを作っていく』ことです。
ISOシステムは『不良品やクレームは発生する』ことを前提に構築します。

大切なのは、『製品の良し悪し』ではなく、決めたルールを守り仕組みどおりにできているかどうか

不良品が発生しても、それを速やかに回収し、原因を追究し、改善に結びつける仕組みがあることが求められます。

そして、『少しずつ改善していく仕組み』を社内に根付かせていくことで、『継続的に改善』していきます。

ISOを構築しても、1年、2年では大きな変化は見られないかもしれません。
けれども、『常に会社が良くなるようにルール改正をする』仕組みをつくることで、会社は少しずつ良い方向に変わっていく、これがISO9001の考え方です。


ISO9001・ISO14001は2015年に改正されました。

ISO9001:2015 規格要求事項の内容
4 組織の状況
4.1 組織及びその状況の理解
4.2 利害関係者のニーズ及び期待の理解
4.3 品質マネジメントシステムの適用範囲の決定
4.4 品質マネジメントシステム及びそのプロセス

5 リーダーシップ
5.1 リーダーシップ及びコミットメント
5.1.1 品質マネジメントシステムに関するリーダーシップ及びコミットメント
5.1.2 顧客重視
5.2 方針
5.3 組織の役割、責任及び権限

6 計画
6.1 リスク及び機会への取り組み
6.2 品質目標及びそれを達成するための計画策定
6.3 変更の計画

7 支援
7.1 資源
7.2 力量
7.3 認識
7.4 コミュニケーション
7.5 文書化した情報
8 運用
8.1 運用の計画及び管理
8.2 製品及びサービスに関する要求事項の決定
8.3 製品及びサービスの設計・開発
8.4 外部から提供される製品及びサービスの管理
8.5 製造及びサービス提供
8.6 製品及びサービスのリリース
8.7 不適合なアウトプットの管理

9 パフォーマンス評価
9.1 監視、測定、分析及び評価
9.2 内部監査
9.3 マネジメントレビュー

10 改善
10.1 一般
10.2 不適合及び是正処置
10.3 継続的改善


改訂版についての詳しい情報はこちらへ



担当講師 三村より)

私は2000年よりISOコンサルティング業務に携わっています。私自身にとっても、今回の規格改正は3回目の『変化』となります。
3度の変化を通じて感じることは、単なる『システムを作る』という規格から、『経営力を上げるためのシステムを作る』という規格になった、ということです。
また、リスクや情報に対する考え方の変化、加速するグローバル化など、時代に合わせて、規格は柔軟に対応していきます。
16年以上、ISOに携わってきたコンサルだからわかる、『本当に知っておくべき ISO9001:2015構築のポイントを、全力で皆様にお伝えしていきたいと思っています。

セミナーではこんな内容について学んでいただきます
  • 4章から10章まで、各要求事項のポイントを知る ~おさえるべき点、迷いやすい点はココ! 『運用』を見据えて規格の内容を具体的に理解しよう
  • 『組織』『リスク』はここをおさえる~ISO9001:2015の要である2つのポイントを理解して2015年版に取り組む
  • 我が社では何が出来る? 何をすべき? ~具体事例を引用し、自社がすべき取り組みを理解する
同セミナーのご参加者様(2016年3月/東京会場)の声より
  • 2015年版の背景や項番の意味合いを丁寧に説明いただき、大変よく理解できました。
  • 箇条毎の狙いと、箇条間の体系が明確で、最高にわかり易い内容で、テキストが書き込みにより文字と線で一杯になりました。
  • 規格の文言を単に解説していくセミナーが多い中、要点を押さえたわかりやすい解説と臨機応変な進行が素晴らしい。
    詳細はこちら  


東京会場の様子




 ロールプレイで内部監査のコツを身につけよう!

「内部監査で質問すること、チェックリストの作り方、質問の仕方…実はよくわかりません。」 
そんな方におすすめの内部監査技法セミナー。
ロールプレイ形式なので、実際の内部監査を『体感』できます!
本講座では・・・
  • 内部監査に役立つ規格解釈が学べる
  • チェックリストの作成方法がわかる
  • 体験形式(ロールプレイ)で実際の内部監査の技法が身につく

  詳細はこちら




ISOを構築・認証取得するには?


ISO9001の構築・認証取得支援コンサルティング
ISO9001認証取得支援コンサルティングの進め方、費用、期間などについてはコチラ↓
                      

ISO9001認証取得・運用支援企業様(抜粋)
 □まるこう食品 様/惣菜製造
 □太平鋼材工業 様/鐵鋼二次製品製造
 □日本防犯システム 様/防犯機器開発・製造

 その他支援実績についてはこちらへ













アイムスFacebookページ 「いいね!」で情報GET!

マンガ(?)で学ぶISO
アイムスのFacebookページ

アイムスFacebookページのキャラクター『あいむすび』