福岡から日本全国へ ISO・コンサルティング、経営指導、内部監査指導

お電話でのお問合せは 092-433-6154


ホームISOの基礎知識ISOとはISO9001

ISO9001(品質マネジメントシステム)とは

ISO9001とは

ISO9001とは品質マネジメントシステム(Quality Management System)のことです。

『ISO9001 品質マネジメントシステム』は、『品質』という言葉から、『高品質なものを製造する』というイメージが持たれたり、『品質管理』のことだと思われることもあります。

実際、新聞で、『ISO 9001とは優れた製品やサービスなどを提供している企業や工場に与えられるもの』という文章を見かけることもあります。

しかし、品質を管理し、不備や故障のない製品を提供するのは、企業として当然のことです。『うちの製品は不良品ではありません』とわざわざ宣伝する必要はないはずです。

ISO9001の目的は、単に『良い製品を作ること』だけではなく、『よい製品(サービス)を作る(提供する)ためのシステムを管理すること』です。

『よい製品・サービス』とは、『顧客の要求する製品、サービス』のこと。

よい製品やサービスを提供することで、『お客さんに満足してもらうこと【顧客満足】』を目指します。



ISO9001のシステムとは?

ISO9001では、『よい製品、サービスを提供する』ために、製品・サービスの『結果』ではなく、提供されるまでの『プロセス(過程)』を重視しています。

顧客の
ニーズ
 工程 工程  工程  工程   →  顧客満足
   製品
プロセスアプローチ
顧客満足を阻害する原因には何があるか
どんなトラブルが起こるか
どこに問題があるのか
 →
ニーズを満たせない製品にならないよう、プロセスを監視する

  • ISO9001は『モノ』ではなく『プロセス』に対する規格
  • 『プロセスが明確になっている』『プロセス通り業務が行われている』ことが重要。
  • その結果が『顧客満足』に繋がるというのがISO9001の考え方。


ISO9001をとれば、不良品の発生は0になる?

ISOを取得していることと、不良品が発生するかどうかは関係ありません。製品回収が多い会社でもISOは取れます。

そもそも、『不良品の発生率』だけで判断するのは正しいといえません。業種や取扱製品などによって、不良品の発生率は異なるからです。

ISOが目指しているのは、不良品を0にすることではなく、『不良品を0に近づけるための仕組みを作っていく』ことです。
ISOシステムは『不良品やクレームは発生する』ことを前提に構築します。

大切なのは、『製品の良し悪し』ではなく、決めたルールを守り仕組みどおりにできているかどうか

不良品が発生しても、それを速やかに回収し、原因を追究し、改善に結びつける仕組みがあることが求められます。

そして、『少しずつ改善していく仕組み』を社内に根付かせていくことで、『継続的に改善』していきます。

ISOを構築しても、1年、2年では大きな変化は見られないかもしれません。
けれども、『常に会社が良くなるようにルール改正をする』仕組みをつくることで、会社は少しずつ良い方向に変わっていく、これがISO9001の考え方です。


ISO9001・ISO14001は2015年に改正されます

ISO9001:2015 FDIS規格(改定予定の要求事項)
4 組織の状況
4.1 組織及びその状況の理解
4.2 利害関係者のニーズ及び期待の理解
4.3 品質マネジメントシステムの適用範囲の決定
4.4 品質マネジメントシステム及びそのプロセス

5 リーダーシップ
5.1 リーダーシップ及びコミットメント
5.1.1 品質マネジメントシステムに関するリーダーシップ及びコミットメント
5.1.2 顧客重視
5.2 品質方針
5.3 組織の役割、責任及び権限

6 品質マネジメントシステムに関する計画
6.1 リスク及び機会への取り組み
6.2 品質目標及びそれを達成するための計画策定
6.3 変更の計画

7 支援
7.1 資源
7.1.1 一般
7.1.2 人々
7.1.3 インフラストラクチャー
7.1.4 プロセスの運用に関する環境
7.1.5 監視用及び測定用の資源
7.1.6 組織の知識
7.2 力量
7.3 認識
7.4 コミュニケーション
7.5 文書化した情報
7.5.1 一般
7.5.2 作成及び更新
7.5.3 文書化した情報の管理
8 運用
8.1 運用の計画及び管理
8.2 製品及びサービスに関する要求事項の決定
8.2.1 顧客とのコミュニケーション
8.2.2 製品及びサービスにする関連する要求事項の決定
8.2.3 顧客要求事項のレビュー
8.3 製品及びサービスの設計・開発
8.3.1 一般
8.3.2 設計・開発の計画
8.3.3 設計・開発へのインプット
8.3.4 設計・開発の管理
8.3.5 設計・開発からのアウトプット
8.3.6 設計・開発の変更
8.4 外部から提供される製品及びサービスの管理
8.4.1 一般
8.4.2 外部からの提供の管理の方式及び程度
8.4.3 外部提供者に対する情報
8.5 製造及びサービス提供
8.5.1 製造及びサービス提供の管理
8.5.2 識別及びトレーサビリティ
8.5.3 顧客又は外部提供者の所有物
8.5.4 保存
8.5.5 引渡し後の活動
8.5.6 変更の管理
8.6 製品及びサービスのリリース
8.7 不適合なプロセスアウトプット、製品及びサービスの管理

9 パフォーマンス評価
9.1 監視、測定、分析及び評価
9.1.1 一般
9.1.2 顧客満足
9.1.3 分析及び評価
9.2 内部監査
9.3 マネジメントレビュー

10 改善
10.1 一般
10.2 不適合及び是正処置
10.3 継続的改善


改訂版についての詳しい情報はこちらへ


お知らせ 環境パフォーマンス習得セミナー

ISO14001取得後の『環境対策』を学ぶ

ISO14001の環境目標として 『何を目標として設定すればよいのか』 『ある程度の対策は行ったが、これ以上何をすればよいのか』について悩むケースが多々見られます。
環境目標を決めるには、具体的な環境対策が欠かせません。
本セミナーでは、ISO14001取得後にすべき環境対策について学んでいただけます。

主なセミナー内容

 ・ISO14051(マテリアルフローコスト会計)を活用する
   マテリアルバランス表を活用してムダを削減する

 ・ISO50001(エネルギーマネジメントシステム)を活用する
   省エネ・節電管理表を活用して省エネ活動をする

 開催日:2015年8月21日

 詳細はこちら




ISOを構築・認証取得するには?


ISO9001の構築・認証取得支援コンサルティング
ISO9001認証取得支援コンサルティングの進め方、費用、期間などについてはコチラ↓
                      

ISO9001認証取得・運用支援企業様(抜粋)
 □まるこう食品 様/惣菜製造
 □太平鋼材工業 様/鐵鋼二次製品製造
 □日本防犯システム 様/防犯機器開発・製造

 その他支援実績についてはこちらへ



ISO9001が基礎からわかる
      
  『ISO9001構築のポイント』

アイムスFacebookページ 「いいね!」で情報GET!

マンガ(?)で学ぶISO
アイムスのFacebookページ

アイムスFacebookページのキャラクター『あいむすび』



ISO9001・ISO14001は2015年に改正されます

改訂版についての情報はこちらへ