福岡から日本全国へ ISO・コンサルティング、経営指導、内部監査指導

お電話でのお問合せは 092-433-6154


ホーム ISOの基礎知識ISOとは

ISOとは

ISOとは

ISOとは、International Organization for Standardization(国際標準化機構)のこと。その名の通り、国際間の取引をスムーズにするために共通の基準を決めるということ。この機関が定めているのが、ISO規格です。
国際規格はそのまま国内規格となるため、 国際取引がない会社にも適用されます。

ISO規格の例    世界共通なのでどこでも誰でも通用する
       ↑
 購買先評価の目安となる
 
 
非常口のマーク

カメラのフィルム


ISOマネジメントシステム

ISO規格は番号によって整理され、多くの種類があります。
このうち、『マネジメントシステム』についての規格について、本サイトではご紹介しています(本サイトで用いる『ISO』という用語は、マネジメントシステムについてのISO規格のみを指しています)。

マネジメントシステムのISO規格とは、ISO規格に沿って会社内にシステムを構築すること。ISO審査機関の審査によって認証された状態を、ISO認証取得といいます。


ISO認証取得の仕組み
会社
 
  ISOシステムを構築する
 審査

認証取得
 審査機関    


ISO規格の種類は

ISOマネジメントシステム規格にもいくつかの種類があり、「9001」「14001」などの番号によって整理されています。

時々、「ISO取りたいんだけど、うちの業界の場合、どのISOとるの?」などと聞く方がおられますが、業種により「取得傾向」はあれど、ISOの種類は業種別に分かれているのではありません。

ISOの種類は「なぜISOマネジメントシステムを構築したいのか」「ISOによって何がしたいのか」という目的によって分かれています。

≪主なISO(マネジメントシステム)の種類と目的≫

規格
目的
ISO ISO9001 (品質マネジメントシステム)
顧客に品質のよいモノやサービスを提供すること、つまり『顧客満足』を目的としている。
ISO14001 (環境マネジメントシステム)
会社を取り巻く地域の方々(利害関係者)のために環境に悪影響を与えないようにすること、つまり『環境保全』を目的としている。
ISO22000 (食品安全マネジメントシステム)
消費者に安全な食品を消費者に届けることを目的とする。
ISO27001 (情報セキュリティマネジメントシステム)
情報の漏洩を防ぐことを目的とする。
その他
マネジメントシステム
OHSAS18001 (労働安全マネジメントシステム)
従業員が安全な労働環境の下で働けるようにすることを目的とする。
Pマーク (プライバシーマーク)
個人情報の保護を目的とする


ISO規格の内容と構築について

ISOは国際規格ですが、外国との取引がある会社だけに関係があるわけではありません。これは「世界中の誰もがこの規格を利用できる」という意味。誰でも利用できるよう、その内容は汎用的なものになっています。

ISO規格には聞きなれない専門用語が並び、難しい言い回しも出てくるため、最初は難しく感じるかもしれません。しかし、素直に読んでいけば内容はいたってシンプルで、どの会社にも通用する内容となっています。


規格の内容は、『具体的に○○をすること』といったことではありません。国際規格であるISOですが、たとえばスポーツの国際ルールのように、このラインを出たらアウト、この場合はセーフと決めているわけではないのです。

例えば、モノを作るシステムを決める際に『長さは○cm」とか、顧客対応についてのシステムについて『名前を復唱する』といったことについて、規格には書かれていません。
ISO規格では、『顧客対応について決めなさい』といったことのみ。その規格に対し、『自社ではこのようにする』と決めます。つまり、『自分の会社では、アウトにするか、ファウルにするかというルールを決める』ということです。

ISOの構築とは、「同じ業界の同じような規模のライバル社があんなルールを決めたから、うちも同じようなものを」と真似して同じようなルールを作ったり、規格どおりのシステムを作ることではなく、自社にあったシステムを作ることです。


ISOの規格を理解するために

ISO規格は、シンプルで自由度が高いのが特徴ですが、その分、『どのように解釈するか』が重要になってきます。

ISO規格には、組織が行うべき様々な事柄が『ISO要求事項』として書かれています。組織は、『要求事項』を理解した上で、自社の状況に合わせてISOシステムをつくります。

大切なのは、ISO規格の「文面」ではなく、『内容』を読み取ること。
ISO規格に書かれてある文章ではなく、ISO規格が何を要求しているのかを理解し、組織のルールに応用していくのが『規格の解釈』です。

規格をどのように解釈するかで、ISOへの取り組み方が変わってきます。


ISOシステムは『文書化』する

システムを構築したら、『こんなシステムがあります』ということを、誰にでもわかる形にします。
これが、『文書化(マニュアル化)』です。

●文書化する理由・・・

◆社内のシステムを『文書化』することで、システムを明確にする。
◆新入社員、派遣社員など、新しく業務に就いた人でも、マニュアルどおりすぐに同じ作業ができるようにする。
◆社外の人に対しても、システムが構築されていることを証明する。

ISOのために、1からルールや文書を作成するのか、というと、必ずしもそうではありません。すでに会社の中に何らかのルールがあり、文書化されていれば、そのまま使えます。

※マニュアルの作成が『望まれる』とされている規格もあるため、必ずしも文書が義務とされていない場合もあります。


  ISO規格

  要求事項
  規格を解釈し
  
 自社に置き換えて文書化

 ○○会社の

 ISOマニュアル


では、システムを構築し、それを文書化することがISO?
いいえ、ルールは決めるだけでは意味がありません。
ルールを守ってこそ、はじめてルールは生きてきます。
そして、『ルールを守っているかどうかをチェックする』こと。
つまり『ルールを守るための仕組み』を作るのが『ISOシステムを構築している』という状態です。

この一連の流れが、右の図(PDCA)です。




ISOを構築・認証取得するには?



ISOの構築・認証取得支援コンサルティング
認証取得にかかる期間、費用、手順についてはコチラ↓
                      


お知らせISO22000・FSSC22000食品安全ハザード分析 解説セミナー
ISO22000、FSSC22000の構築、運用に当たり、最も重要な『ハザード分析』。ハザード分析によって、食品安全のためのシステムづくりは大きく変わります。
本セミナーでは、効果的、効率的なハザード管理を行うために、ハザード分析の仕方を徹底的に身につけていただきます。

セミナー内容
  • ISO22000概要(規格構成、HACCP12手順)
  • ハザード分析の準備段階(危害分析を実施する前に作成すべき資料について)
  • 危害分析(危害分析の考え方について) 
  • ・管理手段の選択及び評価(管理手段の選択方法、HACCPプランの考え方について)
 講師   :三村聡
 開催日  :2015年4月17日
 開催場所 :福岡市


  



ISO9001が基礎からわかる
      
  『ISO9001構築のポイント』

アイムスFacebookページ 「いいね!」で情報GET!

マンガ(?)で学ぶISO
アイムスのFacebookページ

アイムスFacebookページのキャラクター『あいむすび』




ISO9001・ISO14001は2015年に改正されます

改訂版についての情報はこちらへ