福岡から日本全国へ ISO・コンサルティング、経営指導、内部監査指導

お電話でのお問合せは 092-433-6154


ホームISOの基礎知識ISOとはISO22000FSSC22000

FSSC 22000とは


FSSC 22000とは、食品安全マネジメントシステムの1つです。
オランダのFSSC(The Foundation of Food Safety Certification:食品安全認証団体)が、ISO 22000とISO/TS 22002シリーズ(旧:PAS 220)を組み合わせて開発した規格です。


GFSI


FSSC 22000は、GFSIが取引先に認証を求めている規格(認証スキーム規格)の1つです。
GFSI(Global Food Safety Initiative)とは、イオン、コカコーラ、ウォルマート、英テスコ、仏ダノン等、世界の流通・食品大手約 650社が加入する組織(CGP:Consumer Goods Forumが策定)。

GFSIでは、自社の取引先のレベルを一定以上であることを確実にすることを目指し、認証スキーム規格の取得を求めています。

GFSI
 
  約650社の団体  
  認証スキーム規格の
取得を要求

FSSC 22000など
取引先
    


FSSC 22000の構造

FSSC 22000の取り組み方は、ISO 22000とほぼ同じです。

 PRP(前提条件プログラム)を定め
        ↓
 危害分析を行って、管理すべき点を明確にし
        ↓
 HACCPプラン等により管理する

ISO 22000との違いは、FSSC 22000の方が、すべき項目がより具体化されている、ということ。
特に、前提条件プログラムの内容については、ISO 22000では、各社が自由に前提条件プログラムを選ぶことができましたが、FSSC 22000ではISO 22002シリーズを採用することが定められています。

また、いくつかの事項が追加され、ISO 22000ではカバーできなかった食品安全対策(フード・テロ、原材料やアレルギー物質の管理など)や、「食品安全に関連する要員の監視」と「サービスに関する仕様」等について定められていることも、特徴のひとつです

 ISO 22000規格要求事項
   ↓
 より具体化(ISO 22002)
 
 追加要求事項
= 
FSSC 22000 


ISO 22002の種類

ISO 22002シリーズは、業種によっていくつかの種類があります。
ISO 22000規格要求事項(7.2.3)を満たすためガイドラインとして使用することができます。
ISO 22002の種類
食品製造・加工業  ISO 22002-1 認証スタート済
小売・卸、ケータリング、外食 ISO 22002-2
飼料 ISO 22002-3
容器包装 ISO 22000-4 認証スタート済
輸送・物流・サービス 検討中 



ISO 22000を構築・認証取得するには?

ISO 22000:2018が発行されました!

2005年に誕生したISO 22000ですが、2018年6月19日に改訂版が発行されました。
今回の改定では、他のマネジメントシステムと同様、全10章構成となります。また、
  • 食品安全『ハザード』だけでなく『リスク』についても対処する
  • 『HACCPプラン』『OPRPプラン』と2つの管理レベルを設けるのではなく、『ハザード管理計画』として、両方をまとめて対処する
といったことが求められます。
本サイトや、研修(セミナー)、メルマガ等でも、最新情報をお伝えしていきます。





参考

FSSC 22000の構築・認証取得支援コンサルティング
FSSC 22000認証取得支援コンサルティングの進め方、費用、期間などについてはコチラ↓