ISOとは


ISOとは

ISOとは、International Organization for Standardization(国際標準化機構)のこと。その名の通り、国際間の取引をスムーズにするために共通の基準を決めるということです。
この機関が定めているのが、ISO規格です。
国際規格はそのまま国内規格となるため、 国際取引がない会社にも適用されます。

ISO規格の例としては、非常口のマークやカメラの感度などがあり、これらは世界共通の基準となっています。この規格があることによって、誰にでも基準がわかりやすくなり、また購買先を評価するための目安ともなります。


ISO規格の種類は

ISOマネジメントシステム規格にもいくつかの種類があり、「9001」「14001」などの番号によって整理されています。
時々、「ISO取りたいんだけど、うちの業界の場合、どのISOとるの?」などと聞く方がおられますが、業種により「取得傾向」はあれど、ISOの種類は業種別に分かれているのではありません。
ISOの種類は「なぜISOマネジメントシステムを構築したいのか」「ISOによって何がしたいのか」という目的によって分かれています。


ISOマネジメントシステム

ISO規格は番号によって整理され、多くの種類があります。
このうち『マネジメントシステム』規格について、本サイトではご紹介しています(本サイトで用いる『ISO』という用語は、マネジメントシステムに関するISO規格のみを指しています)。

マネジメントシステムのISO規格とは、ISO規格に沿って会社内にシステムを構築すること。
ISO審査機関の審査によって認証された状態を、ISO認証取得といいます。

●主なISO及びマネジメントシステムの種類と目的

ISO 900(品質マネジメントシステム)
 顧客に品質のよいモノやサービスを提供すること、つまり『顧客満足』を目的とする。
ISO 14001(環境マネジメントシステム)
 会社を取り巻く地域の方々(利害関係者)のために環境に悪影響を与えないようにすること、つまり『環境保全』を目的とする。
ISO 22000/FSSC 22000(食品安全マネジメントシステム)
 消費者に安全な食品を届けることを目的とする。
ISO 45001(労働安全マネジメントシステム)
 従業員が安全な労働環境の下で働けるようにすることを目的とする。
ISO 27001(情報セキュリティマネジメントシステム)
 情報の漏洩を防ぐことを目的とする。
ISO 39001(道路交通安全マネジメントシステム)
 交通事故による死亡・重傷事故の発生を撲滅させることを目的とする。
ISO 22301(事業継続マネジメントシステム)
 災害などの際、事業が継続できるようにすることを目的とする。

ISO規格の内容と構築について

ISOは国際規格ですが、外国との取引がある会社だけに関係があるわけではありません。これは「世界中の誰もがこの規格を利用できる」という意味。誰でも利用できるよう、その内容は汎用的なものになっています。
ISO規格には聞きなれない専門用語が並び、難しい言い回しも出てくるため、最初は難しく感じるかもしれません。しかし、素直に読んでいけば内容はいたってシンプルで、どの会社にも通用する内容となっています。
規格の内容は、『具体的に○○をすること』といったことではありません。国際規格であるISOですが、たとえばスポーツの国際ルールのように、このラインを出たらアウト、この場合はセーフと決めているわけではないのです。
例えば、モノを作る際に『長さは○cmにする』とか、顧客対応の際に『名前を復唱する』……このようなシステムを作ることを、規格に書いているわけではありません。
ISO規格で求めているのは、『モノを作る際の手順を決めなさい』『顧客対応について決めなさい』といったことのみ。その規格に対し、『自社ではこのようにする』と決めます。つまり、『自分の会社では、アウトにするか、ファウルにするかというルールを決める』ということです。


ISOの規格を理解するために

上述したように、ISO規格はシンプルで自由度が高いのが特徴ですが、その分、『どのように解釈するか』が重要になってきます。

ISO規格には、組織が行うべき様々な事柄が『ISO要求事項』として書かれています。組織は、『要求事項』を理解した上で、自社の状況に合わせてISOシステムをつくります。

大切なのは、ISO規格の「文面」ではなく、『内容』を読み取ること。ISO規格に書かれてある文章ではなく、ISO規格が何を要求しているのかを理解し、組織のルールに応用していくのが『規格の解釈』です。規格をどのように解釈するかで、ISOへの取り組み方が変わってきます。
ISOの構築とは、「同じ業界の同じような規模のライバル社があんなルールを決めたから、うちも同じようなものを」と真似して同じようなルールを作ったり、規格どおりのシステムを作ることではなく、自社にあったシステムを作ることです。

ISOシステムは『文書化』する

システムを構築したら、『こんなシステムがあります』ということを、誰にでもわかる形にします。
これが、『文書化(マニュアル化)』です。

●文書化する理由
◆社内のシステムを『文書化』することで、システムを明確にする。
◆新入社員、派遣社員など、新しく業務に就いた人でも、マニュアルどおりすぐに同じ作業ができるようにする。
◆社外の人に対しても、システムが構築されていることを証明する。


ISOのために、1からルールや文書を作成するのか、というと、必ずしもそうではありません。すでに会社の中に何らかのルールがあり、文書化されていれば、そのまま使えます。

※文書(マニュアルや手順書)については作成する必要がない場合もあります。ISOのために文書を作るというよりも、システムを効率よく運用できるようにするために文書を作ると考えた方がよいでしょう。

PDCAを回す

では、システムを構築し、それを文書化することがISO? いいえ、ルールは決めるだけでは意味がありません。

ルールを作って(Plan)、ルールどおりに実施し(Do)、ルールが守られているかどうかをチェックし(Check)、ルールをさらによいものへと改善させて(Action)いきます。
このように『PDCA』を回していく仕組みを作ることが、ISOシステムを構築しているという状態です。

ルールがなければそれを定め、ルールが定まれば、その通りにすること。
ルールがあっても、ルールどおりにやらなくてもうまくいくからと、ルールが守られていない会社もあります。そういった場合、トラブルが生じたら『誰かのせい』や『たまたま』だとすることもありますが、そうではなく『ルール』に問題がある、というのがISOの考え方です。

まずは『P』『D』『C』を徹底させ、会社のシステムを作っていきましょう。
その上で、ルールどおり行うことで不都合がないか、もっとよいルールはないかを、継続的に確認し、改善させていきます。